On your bike (translation)

Sophie

Hello and welcome to 6 Minute English. I’m Sophie…
こんにちは、6ミニッツイングリッシュへようこそ。私はソフィーです。

Neil

And I’m Neil. Did you watch the Tour de France cycle race this summer, Sophie?
そしてわたしはニールです。ソフィー、あなたは今夏のツールドフランスを見ましたか?

Sophie

No, I didn’t. I’m not a cycling enthusiast, Neil – unlike you!
いいえ。私は、あなたみたいな自転車マニアではありませんから。

Neil

It was pretty exciting stuff – in fact just thinking about it, makes me want to jump on my bike and ride off right now!
とってもエキサイティングなものだよ。実際に、それを考えるだけで自転車に飛び乗ってすぐに走り出したくなるよ。

Sophie

Don’t go just yet, because today’s show is all about bicycles and I’ve got a question for you. Who invented the first pneumatic – or air-filled – cycle tyre in 1888? Was it …
まだ行かないでね、今日の番組は全部自転車についてのものだから。では、私はあなたに問題を出します。1888年に最初の空気が入った自転車のタイヤを発明した人は誰でしょう?

a) John Boyd Dunlop?
b) Charles Goodyear? Or
c) Harvey Samuel Firestone?

Neil

Well, I’m going to go for a) John Boyd Dunlop. Can I go now?
えーと、私は John Boyd Dunlopでいこうかな。もう行ってもいい?

Sophie

No, you can’t. We’ll find out later on in the show if you got the tyre question right or not. But first, I’d like you to tell us a bit about the history of the bike.
だめよ。番組の終わりのほうでタイヤの問題の答えがあっているかどうか、確認しますからね。でも最初に、あなたに自転車の歴史について私たちに少し教えてほしい。

Neil

If you insist. Well, before the modern bike was invented in 1885, people rode boneshakers, high wheelers, and even tricycles.
どうしてもっていうなら、いいよ。いまのかたちの自転車は1885年に発明されました。人たちは、背の高いホイールで、ボーンシェイカー(人間の骨を揺らすという意味)と呼ばれ、時には3輪自転車にも乗っていました。

Sophie

A tricycle is a three-wheeler bike that young children ride before they learn to balance on a two-wheeler. But what’s a ‘boneshaker’, Neil?
トライスクルは3輪自転車で、2輪車のバランスを学ぶ前の小さな子供たちが乗っています。ところで、ボーンシェイカーって何?

Neil

It was the first bike with pedals, called a ‘velocipede’ by its manufacturers. Others called it a ‘boneshaker’ because its tyres were made of iron so it was very uncomfortable to ride – especially over cobblestone streets.
それは最初のペダル付きの自転車で、作っている人たちは、ベロシペードと呼んでいました。ほかの人たちは、ボーンシェイカーと呼んでいましたが、それは、車輪が鉄でできていたので、とても乗り心地が悪かったのです。特に、石畳の道で乗ると、最悪でした。

Sophie

It sounds awful! Now, moving on, the bicycle started out as an expensive toy for the middle classes – but when manufacturing costs dropped, they became a vehicle for social change.
大変な感じですね。では、先に進んで、自転車は中流階級の高価なおもちゃになり始めました。では、いつ生産者がコストを削減することができて、社会を変える乗り物になったのでしょうか。

Neil

By the late nineteenth century, bikes had become affordable for a large proportion of the population – and the technology had moved on so they weren’t so dangerous – or so uncomfortable to ride.
19世紀末(19世紀は1801年~1900年)までには、自転車は、一般大衆が買えるようなものになっていました。技術が進化して、自転車はそれほど危険なものではなくなり、また、それほど不快な乗り物ではなくなっていました。

Sophie

And for the first time in history, people had the freedom to travel where they wanted when they wanted – including women! Let’s hear more about women and cycling from Robert Penn, UK author, and lifelong cyclist.
そして、歴史上初めて、人々は好きなときにどこへでも出かける自由を手に入れました。それは、女性も!では、イギリスの作家であり、生涯にわたり自転車を愛するロバート・ペンさんから、女性と自転車について聞きましょう。

INSERT – Robert Penn, author, and lifelong cyclist:
挿入―ロバート・ペン、作家、生涯サイクリスト

In very practical terms, it had a very significant effect on what women wore in public. And when they first rode bicycles, they were expected to ride in long ankle length skirts and voluminous petticoats and of course that was entirely impractical so they adopted what was called rational dress. And rational dress was a better fitting jacket and pantaloon trousers which were cinched below the knee, which meant that nothing got caught in the chain. And at first there was massive public outrage. There were court cases about whether or not women were allowed to be served in pubs wearing this sort of dress.
非常に現実的に言えば、女性が公衆で何を着るかについて、非常に大きな影響を与えました。そして、彼女たちが最初に自転車に乗るとき、彼女らは長い足首の長さのスカートとボリュームのあるペチコートで乗ると考えられていました。そしてもちろんそれは全く実用的ではなかったので、彼女らは「合理的なドレス」と呼ばれたものを採用しました。 そして合理的なドレスは、より良いフィット感のあるジャケットと膝の下に締め付けられたパンタロンズボンでした。そしてそれは何もチェーンに巻き込まれないことを意味しました。 そして、初めの頃は大規模な一般市民の怒りがありました。 この種の服装をした女性がパブで仕事をすることが許されるかどうかについての裁判所の判決がありました。

Neil

So women in the nineteenth century typically wore long skirts and voluminous – or large – petticoats. A petticoat is a piece of clothing worn under a dress or skirt. But what does ‘rational dress’ mean exactly, Sophie?
では、19世紀の女性は、普通はロングスカートとボリュームのある、または大きなペチコートを身に着けていました。ペチコートは衣類のひとつで、ドレスやスカートの下に着るものです。でも、合理的なドレスとは、実際には何を意味するのでしょうか?

Sophie

Rational here means logical. It wasn’t logical to wear ankle length skirts with voluminous petticoats on a bike, so women started wearing pantaloon trousers。
合理的というのは、ここでは、論理的という意味です。ふわふわしたペチコートとくるぶしまでの長さのスカートをはいて自転車に乗ることは論理的ではなかったので、女性たちはパンタロンズボンをはき始めました。

Neil

Pantaloon trousers were baggy – though they were cinched – or gathered in – below the knee so they wouldn’t catch in the bicycle chain.
パンタロンズボンは袋っぽくて、ただし、膝の下はひもで締められていて、または、集められていたので、ズボンが自転車のチェーンに食い込むことはありませんでした。

Sophie

But pantaloons for women still caused outrage – or shock and anger – because although they were baggy, they were still trousers and they didn’t go down to the ankle. So bikes played a part in women’s struggle for emancipation – or freedom. But let’s listen now to Robert Penn, who claims that it also played a role in our evolutionary history.
でも、パンタロンズボンは、大きな攻撃、または、ショックと怒りを買ったようですね。というのも、それらはだぶだぶで、ズボンではあるものの、長さはくるぶしまで届かない。だから、自転車は女性の束縛からの解放、または自由に一役買いました。ここで、歴史の進化において役割を果たしたと主張するロバート・ペンの説明を聞きましょう。

INSERT(挿入)Robert Penn, author, and lifelong cyclist
挿入―ロバート・ペン、作家、生涯サイクリスト

It definitely shored up the gene pool in countries like Britain because it meant that people could go further than they ever had before in order to find a partner for life and to mate. And so what started as a really faddish leisure pursuit, within a decade of 1885, the bicycle became the most popular form of transport on the planet, and it has been ever since.
英国のような国では遺伝子プールを明らかに強化しました。なぜなら、人々が人生のパートナーと仲間を見つけるためにこれまで以上に遠くに行くことができることを意味するからです。 そして、1885年の10年の間に、本当におしゃれなレジャーの追求として始まった自転車は、地球上で最も人気のある輸送手段になりました。

Neil

What does shore up mean, Sophie?
ソフィー、ショアアップってどういう意味?

Sophie

It means support. And gene pool here refers to the collection of genes in a particular population. So, when people travelled further to marry and have children, they were making the gene pool bigger and healthier.
サポート(補強する、支える)という意味よ。そして、ここでの遺伝子プールは、ある特定の人口の中での遺伝子の収集を意味しています。それは、人々が遠くまで出かけて、結婚して子供作るようになると、かれらは遺伝子プールをより大きく、健康的なものにすることになります。

Neil

And Robert Penn uses the word ‘faddish’ he says cycling started as a faddish thing. A fad – or faddish activity – means an enthusiasm for something that doesn’t last very long.
ロバートペンはfaddishという言葉を使っていますが、彼は、自転車は流行になり始めたと言っています。facまたはfaddish activityとは、何かに熱中することですが、それは長続きはしません。

Sophie

But your enthusiasm for cycling is not a fad.
でも、あなたの自転車愛はfadではありませんね。

Neil

No, it isn’t. Do you think lycra wearing is a fad and we’ll all go back to wearing pantaloons in the future, Sophie? No? Not a good look? OK, maybe it’s time for the answer to today’s quiz question.
はい、違います。ライクラを着ることは一時的な流行で、私たちは将来、再び全員パンタロンをはくようになるかもね、ソフィー。だめ?見栄えが良くない?では、そろそろ今日の質問の答えに行きましょうか。

Sophie

I asked: Who invented the first cycle tyre in 1888? Was it … a) John Boyd Dunlop, b) Charles Goodyear or c) Harvey Samuel Firestone?
私は、1888年、誰が最初に自転車のタイヤを発明したのか、聞きました。それは、a) John Boyd Dunlop、b) Charles Goodyear または c) Harvey Samuel Firestone …

Neil

And I said John Boyd Dunlop. Tell me I’m right!
そして私はJohn Boyd Dunlopと言いました。私は合っているといってちょうだい。

Sophie

You are… right! Well done, Neil. Scottish inventor and veterinary surgeon John Boyd Dunlop developed the pneumatic rubber tyre. Although it was invented as an improvement on the bicycle, the pneumatic tyre arrived on the scene just in time to contribute to the success of the car.
あなたは、正解です!よくできました、ニール。スコットランド人の発明家で、獣医の John Boyd Dunlop は空気式のラバータイヤを発明しました。それは自転車を進化させるものとして発明されましたが、空気式のタイヤはちょうどやってきた自動車の成功にも寄与することになりました。

Neil

Now, here are the words we heard today. They are:
さあ、今日聞いた言葉です。それは、

pneumatic 空気式の
voluminous ボリュームのある
petticoat ペチコート
rational 合理的な
pantaloons パンタロン
cinched 鞍帯を締める、しっかりつかむ
outrage 激怒
emancipation (束縛、圧政からの)解放
shore up 支える、補強する
gene pool 遺伝子プール
fad or faddish 流行に左右される、一時的に熱中する

Sophie

Well, that’s the end of today’s 6 Minute English. Please join us again soon!
さて、今日の6ミニットイングリッシュはこれでおしまいです。また来てね!

Neil

And we are on social media too. Make sure to visit our profiles on Facebook, Twitter, Instagram and YouTube.
ソーシャルメディアにもありますよ。フェイスブックやツイッター、インスタグラム、ユーチューブのサイトにも来てくださいね。

Sophie

You can get on your bike, now, Neil!
もう自転車に乗ってもいいわよ、ニール。

Both(2人とも)

Bye!

 

BBC Learning English – 6 minute English
http://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/features/6-minute-english